西東京市のフェルデンクライスレッスン|経絡指圧教室|気功教室

FullSizeRender (3)
(『次は わたくしの番』とばかりに 八重桜が咲いています。綾瀬にて)

冬中 歩けなかった方が歩けるようになった・・ということは 前に書きましたが、

今は 歩けるようになっただけでなく 太極拳の練習もできるようになりました。

前は 前かがみになってほんとに つらそうに 引きずるように歩いていらしたのですから

みなさん びっくりしています。みなさんとは 太極拳の仲間です。

ご本人は 「きょうも 痛くない、治ったのかしら・・?」

とおっしゃいます。

うう~~ん、ちょっと、違うんだな~~と思いながら、そう思う のが ふつうかな・・・・と

熱が下がった とか傷口がきれいになった・・というときは 「治った」といいますからね。
足、膝、腰の痛み 肩 腕 手首 いろいろ体の部分ん痛みが消えたときも

やっぱり、治ったと言いたくなりますね。

でも彼女の場合は 「痛めない体になった」と 表現するのが 一番適切かと思います

みなさん びっくりしているのは 姿勢がとてもよくなったからです。

前かがみになって歩くとよくわかりますが 太腿あたりがパンパンになって

すごく 辛いです。「彼女は姿勢がよくなったので、痛みを自分で作らない体になった」

と わたくしは表現したいし それを分かってもらいたいのですが、そこをどう伝えるかが

わたくしの 今後の課題です。

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

ご本人も喜んでくださっていますが わたくしもすごくうれしいのです。

一緒に 台湾に行きたいのです。彼女84歳かな?