西東京市のフェルデンクライスレッスン|経絡指圧教室|気功教室

 

以前から気功とフェルデンクライスの親和性は感じていて、ひと頃 気功を教えていた頃があります。

気功をフェルデン的に表現できるかな〜と、思ったのですが、表現する言葉が違う、、のでやはり無理だと思ってやめました。

気功は気功の言葉で登っていく。フェルデンクライスはフェルデンクライスの言葉で登っていく。

富士山にも登山ルートがいくつかあるように、目的は同じだけれどルートが違う、そんな感じだと思っていました。

 

暮れからお正月、しなければならないことから離れて、いつもと違ったことをしようと 気になっていた気功の本を読みました。

見つけました!!!

矢山先生は本の中でこう書いてました。

『気功法には、〜ねばならないはありません。自由にやってください。

自分の体の感覚で、自分に最も適切な状態をつくりだす訓練、’体の言い分を聞く”訓練こそが、気功法の核心となっているからこのように答えるのです。』

フェルデンクライスのレッスンで、しばしば言うところの

気持ちの良いところを探してください、楽なところが一番適切な動きです。身体は一番適切な動きを学びます。

『体の言い分を聞くと、自分な最も適切な状態を作り出していく』わけです。

気功の大先生が、同じことを書いていているのを発見して嬉しかった〜!

目指すところは同じ。

気功のルートも、景色が少し違うのでまた、いいです。すこし、行き来しようかなと、思っています。